葬儀スタイル

家族葬

家族葬

義理の弔問はいらない
愛する家族がいれば十分だ
最期は住み慣れた我が家で見送ってもらいたい
 
従来型の葬儀では、大人数の会葬者のために料理や返礼品が大量に
必要になり
、大きな式場に合わせて豪華な祭壇を選択するため
葬儀費用が高くなる傾向にありました。

 
家族葬では会葬者が少なく、葬儀費用を低料金に抑えることができるため
ご挨拶に振り回されることもありません。

最後の大切な時間を静かにゆっくりと過ごすことができます。
 
一方で家族葬は新しいかたちの葬儀です。
まだまだ社会的に浸透していない部分もあります。
葬儀は『故人のため』『遺族のため』というのは当然のことですが
『生前に関係を築いた様々な人たちのため』という考え方もあります。
その点も十分に考慮して様々なことを想定してご葬儀を考える必要が
あります。

 
少人数でひっそりと営まれる家族葬では、ご遺族が余計なことに気を
遣わずに、
故人とのお別れに専念できる環境を整えるのが大切です。
そのためには葬儀スタッフの気配りといたわりの心が大切だと言えます。
 
弊社スタッフはご家族の心のうちを推し量り、全力を尽くしてサポート
いたします。

 
 

メリット

会葬者が少ないことにより
① 遺族が家族との最後の時間を大切にできる。
② 遺族が余計な気遣いをしなくていい。
③ 葬儀費用を抑えることができる。
 

 

デメリット

① 葬儀後に弔問客が自宅へ殺到する。
② 訃報連絡をしなかった親戚や知人から不満を言われる。
③ 家族だけで葬儀を行う予定が、思わぬ人が会葬に訪れて
対応に追われてしまう。
④ 受取る香典が減るので結果的に費用負担が大きくなる。
 
  • コンシェルジュについて
  • Q&A
  • 帝都典禮公式サイトへ
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談 お問い合わせフォーム